スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼラニウムの香り

今日も子供たちが寝てから1つ羊毛の作品を仕上げました★

なにげに「あ、ゼラニウムの香り、嗅ぎたいな~」って思って、
アロマライトでたいてみたよ♪

ゼラニウムの香り
抽出部位が葉っぱなんだけど、
ローズに似た(私はそう思ってるんだけど…)可憐な花の香りって感です。

不安感があったり、ちょっと鬱な気分の時、
女性の月経リズムを整えたりホルモンに作用するので、
月経前後や更年期障害等に起こる心のバランスを整えたい時におススメ。
むくみ等も改善されるといいます。(全身浴、半身浴がおすすめ♪)
収れん作用もあるので、化粧水なんかにもいいかも★

但し、妊娠中は使用を避けた方がよいとされています。

可憐な花の香りは気分も高揚してちょっと優雅な気分になります♪







アロマライトを使用した芳香浴の方法
キャンドル式の場合、上皿に水をはりますが、電気式の場合、水がこぼれると危険なので
上皿には水をはらず使用してください。
基本はライトに附属されている説明書に従って使用してください。
使用する精油の量は部屋の広さにより1滴~5滴まで

全身浴、半身浴の方法
全身浴の場合、ぬるめのお湯に精油1~5滴を入れよくかき混ぜて肩までつかります。
半身浴の場合、ぬるめのお湯に精油1~3滴をいれ、よくかき混ぜてみぞおちまでつかります。
半身浴は循環器の負担が少なく、長時間入浴できるので全身をあたためることができます。
上半身が冷えないようにタオル等をかけて入浴してくださいね。
精油は水に溶けにくいため、
天然塩大さじ1杯に精油(適した量)を入れてよく混ぜて
バスソルトにして使用するのがおすすめですよ♪
天然塩の発汗作用と、精油の効果が加わり、入浴の効果も高まります★






※精油について
精油(エッセンシャルオイル)は植物の花・葉・樹皮・果実・種子などから採取・抽出された天然の素材で、
有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。油(オイル)とは全く別の物質になります。
開封し、時間が経つと徐々に成分が変化しますので、高温多湿を避けて保管してください。

※精油の使用注意事項
■植物から抽出された100%天然のものですが、有効成分を高濃度に含有しているため、
毒性を示すものもあり、使用する量、濃度には注意してください。
■原液を皮膚に塗ったり飲んだり、点眼はしないように。皮膚についた場合は大量の水で洗い流してください。
■引火する可能性があるので注意してください。
■気分が悪い等、不快を感じた場合は使用を中止してください。
■お年寄りや既往症のある方、敏感な体質の方は香りに反応しやすいこともあるため、基準の半分以下の量から初めて下さい。
■妊婦さんは芳香浴法以外は控えてください。
■3歳未満の乳幼児には芳香浴法以外の使用は控えてください。子供は抵抗力が弱く大人に比べ精油の影響を受けやすいため、3歳以上の子供でも精油の使用料は大人の半分の量を超えないようにしてください。














スポンサーサイト
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。